HOME > マーク式の国語、学校の国語の試験で得点が取れない人へのメッセージ

マーク式の国語、学校の国語の試験で得点が取れない人へのメッセージ

マーク式国語で得点が取れない高校生へのメッセージ 担当 森本

国語を「できない」と思っている人は、「どう考えたらいいかわからない」と言います。けれども、「考える」こと自体が間違いです。だって「考える」ことをしてしまったら、それは、「あなた達の考え」になってしまうでしょ。国語の問題は、「筆者の考え」を答えるものばかりです。「考える」ことをしてしまったら不正解になるのは当然です。

また、国語が苦手な人は、「答えが思いつかない」とも言います。けれども、「思いつこう」とすること自体が間違いです。だって、文章を書いたのは「あなた達」ではなく、「筆者」でしょ。文章は、「筆者」の頭の中から生まれたものです。「思いつこう」としても思いつかないのは当然です。

もう少し、細かく見ていきましょう。「選択肢問題は、本文に書いてあるような選択肢を、なんとなく選ぶ」という人がいます。間違いです。「設問が問う内容を、本文から見つけ、言い換えている選択肢を選ぶ」んです。

「抜き出し問題は、字数が同じ言葉を、なんとなく抜き出す」という人がいます。間違いです。「設問が問う内容を、本文から見つけ、そのまま抜き出す」んです。「記述問題は、傍線部のまわりを、なんとなく書く」という人がいます。間違いです。「設問が問う内容を、本文から見つけ、文にする」んです。

・・もう、わかったでしょう。国語のポイントは「なんとなく答えない」ことと、「本文から見つける」ことの2つです。国語の答えは、絶対「根拠」があり、それは、絶対「本文」にあります。それを「見つける」だけなんです。「見つけ方」なんて簡単です。だって、筆者は、「見つけてほしい(わかってほしい)」と思いながら文章を書いているんですから。筆者は、いろいろなテクニックを使って、「見つけてもらえる(わかってもらえる)」よう、文章を書いています。あなた達は、そのテクニックをマスターし、筆者とは逆の立場で「見つけてあげる(わかってあげる)」だけです。
1418099867808.jpgのサムネイル画像
確かに、そのテクニックをマスターし、「見つける」ことができるようになるには時間がかかるかもしれません。しかし、意識しながら文章を読んでいれば、必ず「見つけ方」は身に付きます。しかも、一度「見つけ方」を身に付ければ、日本語の文章である限り(全てそうですね)、どんな文章でも使えるようになります。今まで、国語を「できない」と思っていたみなさん、これなら、「できる」と思えませんか? さあ、国語の答えを「見つける」練習をしましょう!! そして、「見つける」どころか、「見つかる」ようになりましょう!!

このページのトップへ